環境分析

建築物等の解体について

建築物等の解体、破砕等の作業の際には、アスベスト吸入による労働者の健康障害を防止するため、あらかじめ、これら建築物等について、アスベストの使用を調査し、その結果を記録しておかなければなりません(石綿障害予防規則第3条)。
建築物のリフォーム時にもこれに準じるべきと考えられます。 

ご質問や取り組み内容など、お気軽にお問い合わせください。

環境分析に関するお問い合わせはこちら 082-921-5531
自動分析装置に関するお問い合わせはこちら 082-921-8840
Webでのお問い合わせ
資料請求・無料ダウンロード
このサイトを広める