アスベスト事前調査について

事前調査について


調査・施工までの流れ

書類調査
竣工図書・設計図書等で石綿の使用が疑われる箇所のピックアップ。

現地調査
現地にて全ての建材を目視にて調査。

1次判定
目視調査結果の判定 判断がつかない建材は試料採取を行い、『分析』を行うか『みなし含有』により石綿含有建材として処理をする。

建材分析
目視調査では判断がつかない建材の分析調査。

報告書作成
全ての建材の石綿含有の有無、またその判断根拠の記載。
※分析調査のみの依頼を承っています。

※ 資料採取時の例

分析方法

【定性分析】
アスベスト含有の有無を確認するための分析方法になります。

【定性・定量分析】
アスベスト含有の有無を確認、含有していた場合、含有率を確認する分析方法です。

【アスベストを分析する者の資格について】
  • 日本作業環境測定協会 合格認定分析技術者
  • 日環協アスベスト偏光顕微鏡実技研修修了者

弊社では、有資格者が分析を行っています。

分析に必要な採取量

外壁・仕上塗材等
(10㎝×10㎝程度)

層で分析をするため、粉状ではなく、かたまりで基材の所まで採取をお願いします。

吹付材・保温材等
(ゴルフボール2個分)

複数(3か所)からの採取が好ましいです。(1検体として分析します)

成形版等(レベル3)
(10㎝×10㎝程度)

石膏ボード

床タイル

屋根材

試料採取の最中に石綿繊維が飛散しないように濡らしたペーパータオルなどで採取箇所を事前に湿らせることが大事です。

採取の際の注意点

【外壁等の場合】
塗材の場合、下地調整材の中にアスベストが含まれている場合があるので、接着剤まで含めて採取してください。

成形版等(レベル3)の場合
成形版やPタイル、長尺シートなども接着剤の中にアスベストが含まれている場合があるため、基材のところまで採取してください。

ご質問や取り組み内容など、
お気軽にお問い合わせください。