自動分析装置

次亜塩素酸ソーダ分析計

次亜塩素酸ソーダ分析計 LCL-100

次亜塩素酸分析計

本装置は次亜塩素酸ナトリウム中の有効塩素濃度を測定するプロセス分析計です。
サンプルによう化カリウムを加え遊離したよう素を既知過剰量のチオ硫酸ナトリウムで還元し、残量のチオ硫酸ナトリウムを電解し発生したよう素で電量滴定を行います。また精度向上の為、滴定曲線の変曲点を微分方式で検出し、測定の終点とします。

主な特長

シンプルな機構とアラームで保守を軽減します。
  • 弊社のプロセス分析計は保守を軽減する為、シンプルな測定方法で尚且つ故障の少ない部品を選定し設計されています。またサンプルがこない場合や異常値が出た時はもちろん校正液や各種試薬の残量が少なくなった場合にもアラーム信号でお知らせしています。

サンプルループによるサンプル採取
  • 本装置は計量管を用いてサンプルを採取しますので精度良くサンプリングが可能です。

設定周期毎に自動校正を行います。
  • 本装置は設定周期毎に自動校正を行いますので長期間安定した測定が可能となっています。

製品パネル

  • 次亜塩素酸分析計

    タッチパネル画面

  • 次亜塩素酸分析計

    次亜有効塩素滴定曲線

主な仕様

装置名称 次亜塩素酸ソーダ分析計
装置形式 LCL-100
測定方法 電量滴定法
分解能 0.1g/L
再現性 フルスケールにおいて±3%
分析濃度範囲 100.0~200.0g/L
サンプル採取量 分析使用量 0.25ml
分析時間 約10分
サンプル採取 チュービングポンプ及び六方バルブ
分析値出力 4~20mA
サーマルプリンター(使用/不使用選択可)
分析モード 自動運転・手動運転
入力接点 一般・低食分析信号
出力接点 分析計異常信号(装置稼動継続)
分析計異常信号(装置停止)
撹拌 定速マグネチックスターラー
校正 手分析値による手動校正
制御方法 シーケンサー
操作 タッチパネル(表示320×240)
ユーティリティー 純水0.3MPa
外形寸法 本体 :W600×D600×H1820
滴定部:W300×D400×H1200
電源 AC100V 500VA 50/60Hz
設置条件 室内または屋外計測器室内設置
周囲温度範囲 5~35℃
重量 本体:約160kg
滴定部:約40kg

ご質問や取り組み内容など、お気軽にお問い合わせください。

環境分析に関するお問い合わせはこちら 082-921-5531
自動分析装置に関するお問い合わせはこちら 082-921-8840
Webでのお問い合わせ
資料請求・無料ダウンロード
このサイトを広める