自動分析装置

土日対応自動BOD測定装置

土日対応自動BOD測定装置 BOD-STシリーズ

土日対応自動BOD測定装置

本装置は無人で多検体のBOD測定を行う装置です。測定フローは、

測定条件設定 → 自動校正 → サンプルカセット取出し → DO測定 → サンプルカセット戻し

の順で測定します。
スケジュール設定により、校正からデータメモリーまでを無人で行い、就業時間内はもちろん平日の夜間、休日などを活用し、多検体測定を行う事ができます。
測定結果は装置本体内にメモリーし、いつでもパソコンに取り込むことができます。
本装置はチューブレスを実現し、ランニングコストを最小限に抑えた設計が特長です。

主な特長

スケジュール設定
  • カセットラックが6台装着でき、最大672検体(3段希釈)を測定スケジュールに合わせて稼働することができます。
    長期休暇時でもスケジュールに合わせて稼働させることができます。
    さらに稼働状況は、エラー送信ユニットによりご担当者の携帯電話へメールを発信し確認する事でできます。

ランニングコストを抑えた設計
  • 本装置は、前モデル(BOD-ST-03C)のフローセル方式に対して、電極をフランビンに直接浸すダイレクト方式を採用。
    チューブ、ポンプ、電磁弁等の消耗品を使用せず、ランニングコストを大幅に削減しております。さらにサンプル・希釈水の使用量、フランビン洗浄時間も50%削減しております。

データ処理システム
  • 装置本体に10ファイル分の格納領域があり、装置自体にバックアップを取ることができます。万が一パソコンが故障した場合でも本体からデータの復旧が可能です。

様々なオプション機器
  • 本装置には便利なオプションをご用意しております。
    ・希釈水を無人で調整する希釈水製造装置
    ・サンプルを希釈する自動希釈装置、DO測定機能付き全自動希釈装置
    ・装置の稼働状況を通報するエラー送信ユニット
    その他、付帯備品としてカセットラック、カセット、フランビン、ポリエチレン栓などが検体数に応じて必要になります。

製品パネル

  • 土日対応自動BOD測定装置

    自動運転画面

  • 土日対応自動BOD測定装置

    スケジュール運転設定画面

  • 土日対応自動BOD測定装置

    校正画面

主な仕様

装置名称 土日対応自動BOD測定装置
型式 BOD-STシリーズ
測定方法 隔膜式ガルバニ電池法(フランビンに電極を投入するダイレクト方式)
初日と5日目、同一フランビン使用
分解能 0.01mg/L
再現性 0.1mg/L(1カセット)
測定時間 1ラック 112検体
2.5~3時間
測定検体数 3段希釈112検体(336本)/1ラックを最大6台
(672検体2016本)の連続測定が可能
DO電極本数 4本(4検体1段希釈同時測定)
測定時間 3段希釈112検体/約3H
※電極の応答性により異なります
サンプル容器 フランビン(100ml) ※弊社指定フランビン
サンプル採取 電極をフランビンに浸すため、採取工程なし
サンプル注入 電極をフランビンに浸すため、注入工程なし
撹拌 電極付属の撹拌プロペラ
校正 20℃飽和水による自動校正
制御方法 シーケンサ
操作 タッチパネル
データ処理 パソコン、マイクロソフト製エクセル
ユーティリティー 電源:AC100V 50/60Hz 15A
供給水:0.1MPa以上(水道水)
排水口:自然排水が可能な事
外形寸法 土日対応自動BOD測定装置:W1800×D2920×H2160
カセットラック:W390×D630×H1530
重量 土日対応自動BOD測定装置:約500kg
カセットラック:約50kg
※概算重量となります
設置条件 20±1℃、有機物の影響がないバリアフリー恒温室、排水口3m以内、本体背後に約1mのスペースが必要

備 考

  • フランビン販売
    • フラン瓶 栓付

    弊社では低価格でフランビンを販売しております。
    またフランビンのビンのみでの販売も致しておりますので是非、ご活用ください。

ご質問や取り組み内容など、お気軽にお問い合わせください。

環境分析に関するお問い合わせはこちら 082-921-5531
自動分析装置に関するお問い合わせはこちら 082-921-8840
Webでのお問い合わせ
資料請求・無料ダウンロード
このサイトを広める