自動分析装置

卓上型苛性中塩化ナトリウム分析システム

卓上型苛性中塩化ナトリウム分析システム LSA-D200

本装置は、オートサンプラーにセットされたサンプル(水酸化ナトリウム)を一定量採取し、硝酸を添加し弱酸性に調整後、水酸化ナトリウム中のNaCLを電量滴定法により測定し、その結果を分析計本体に保存します。
保存されたデータはタッチパネルでの表示、及びデータ処理(パソコン)に読み出し・保存が可能です。

主な特長

試料採取方法は、サンプルループ方式
  • 試料採取は、サンプルループ方式のため、採取精度が非常にすぐれています。

可動部の少ない分析計
  • NaCLの滴定は電量滴定で行うため、滴定ビューレットのような可動部はありません。

タッチパネルによる操作
  • 自動分析、手動操作、動作状態の表示、異常状態の内容表示、分析条件の設定は
    タッチパネルで行い、操作が簡単です。

オートサンプラーによるサンプル採取の自動化
  • サンプル容器が10個セット可能で、サンプル採取を自動的に行います。 
    検体数はタッチパネルで入力します。

製品パネル

  • 卓上型苛性中塩化ナトリウム分析システム LSA-D200

    自動運転画面

  • 卓上型苛性中塩化ナトリウム分析システム LSA-D200

    校正画面

  • 卓上型苛性中塩化ナトリウム分析システム LSA-D200

    分析履歴画面

主な仕様

型式 LSA-D200
測定方法 Ag電量滴定法
サンプル量 5mL
サンプル採取方法 計量管
試薬 100ppm標準液
(1+1)硝酸
校正 100ppm標準液校正
測定レンジ 0~1000ppm
再現性 ±10% (at NaCl 20ppmにおいて)
分析時間 校正:20分
分析:20分 (1検体あたり)
制御方法 シーケンサ
操作 タッチパネル
電源 AC100V 60/50Hz 10A × 2個
ユーティリティ 純 水:タンクで供給
廃 液:タンクへ排水

ご質問や取り組み内容など、お気軽にお問い合わせください。

環境分析に関するお問い合わせはこちら 082-921-5531
自動分析装置に関するお問い合わせはこちら 082-921-8840
Webでのお問い合わせ
資料請求・無料ダウンロード
このサイトを広める