自動分析装置

自動SS分析装置

自動SS分析装置

本装置は、 最大48検体の浮遊物質(SS)を環告第59号付表9に従い、
自動分析を行うものです。装置は6軸ロボットを中心に【乾燥機】【デシケーター】【天秤】【ろ過部】【希釈部】
【オートサンプラー】で構成されています。

主な特長

一連作業を完全自動化
  • 必要作業は機材準備だけ!
    ろ紙の洗い、乾燥、秤量、データ整理まで全自動で行い作業時間を大幅に削減します。
    1ターン目分析中に2ターン目のろ紙の準備を行います。

ろ紙の詰まりを自動検知
  • 流量計を使用し通水量の記録及び流速低下でろ紙の詰まりを自動判断します。

自動希釈が可能
  • 高濃度サンプルは自動で100倍希釈をすることが出来ます。

夜間の自動分析が可能
  • 完全自動化の為、夜間の自動分析が可能です。
    実作業時間削減により分析者の負担を軽減できます。

  • 概要画像①

  • 概要画像②

主な仕様

稼働部 6軸ロボット(デンソー製 アーム長さ550mm)+搬送1軸の計7軸
ストローク500mm
ハンド部 搬送用ハンド、ピンセット用ハンドの2個
乾燥器 市販の乾燥器(アドバンテック製 W440×D485×H660。自動扉開閉機能付き)
デシケータ 自社制作、ペルチェ冷却器による除湿器付き
天秤 秤量値0.1mg
ろ過部 ろ紙(55φ)用のろ過部及び滅圧ポンプ。また、ドレンは自動排水(ポンプにより)
積算流量計 非接触型積算流量計(キーエンス製)定格流量0~1000ml、分解能0.1ml
オートサンプラー 本体:ゴンドラ回転式6試料×8ユニット(48検体)
採取部:YZ方向の2軸制御
吸引部は2mm スクリーン及び撹拌ぺラ付き
制御方法 シーケンス
ユーザーインターフェース 専用ソフト
外観寸法 W2300×D1100×H1800
電源 単相200V、20A
重量 400kg

ご質問や取り組み内容など、
お気軽にお問い合わせください。