金属アーク溶接等作業の法改正について

溶接ヒュームの測定について

2021年4月1日から「溶接ヒューム」が、特定化学物質障害予防規則の規制対象になります。
継続して金属アーク溶接作業等を行っている屋内作業場では、空気中にマンガンなどを含んだ特定化学物質、溶接ヒュームが発生しています。
この度、特定化学物質障害予防規則の規制対象に追加されることにより、2022年まで3月31日までに溶接ヒューム濃度の作業環境測定を行う必要があります。ラボテックでは、溶接ヒューム濃度の作業環境測定を行っており、下記へ詳しく掲載しておりますのでご覧ください。

ご質問や取り組み内容など、
お気軽にお問い合わせください。